十国峠

十国峠から見た富士山

icon_airplane_mini温泉地 熱海へ

「特急スーパービュー伊豆踊り子号」で東京から約1時間20分
温泉地で有名な熱海に行ってきました!意外と近いのね。

着いたその日は熱海の町をぶらぶら。
「金色夜叉」で有名な「お宮の松」を見に行ったり熱海の町の商店街を散策。 2日目は伊豆山のほうへ。
伊豆山は2005年の大河ドラマ「義経」の義兄、源頼朝縁の土地。 頼朝が刀傷を癒したと伝えられている「走り湯」頼朝と北条政子が逢引したと言われる「伊豆山神社」が あります。
伊豆山は2005年の大河ドラマ「義経」の義兄、源頼朝縁の地。
「走り湯」は頼朝が刀傷を癒したと伝えられて、「伊豆山神社」は頼朝と北条政子が逢引したという話が残っています。
かつては「新婚旅行」として選ばれた熱海だけど、実はとってもロマンチックな話がたくさん残っているのです。

icon_airplane_mini世界遺産 富士山を眺めよう!

2013年にUNESCOの世界遺産に登録された富士山。
登るのもよいけれど、ちょっと離れたところから見てみませんか?
熱海からドライブして十国峠へ。
十国峠は、「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国が見渡せたことから名づけられた峠で、現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県を見ることができるというすごい場所。

車が調達できるなら、ぜひ、十国峠までドライブしてみてください!
富士山がとってもきれいに見えるのです!

icon_airplane_mini熱海の楽しみ方

熱海の町は小さな町。
ちょっと歩くと伊豆山、さらに足を伸ばして十国峠など、緑が多くて見晴らしの良い場所があります。
だけど自然を楽しむには車が必要。
熱海の町と伊豆山をまわるならバスでも大丈夫なんだけど、一日周遊パスがついている観光バスは 30分に1本くらいしかないので、観光に組み合わせるのは難しいかも・・・。
また、観光名所を巡っても、あまり詳細な説明が無いところが多いので、ガイドブックを見ながら、 行って終わりというのが多くなってしまう・・・。

2005年の大河ドラマが『義経』で、義経の義兄である源頼朝も脚光を浴びましたが、実は伊豆・熱海は頼朝が平氏に流さて謹慎状態の時にすごした場所。頼朝のエピソードが満載なのです。
ゆかりの地を周らないのはもったいない!

そこでおススメなのがタクシーでの観光
流しのタクシーでも、向こうから「観光名所に案内するよ。」と声をかけてくる運転手さんは、車でしか行けない名所をいろいろ知っているので、観光ガイドも兼ねて車出しを頼むのも良いかもしれません。
だけど運転手さんとの「相性」もあるのでご注意を。
車に乗ってずーっとドライブしている時に相性が合わないと・・・なんですけどね。

t_line2