くもり空の日のパース駅。この建物、好きなんです。

パース  Perth

パース駅  Perth Station

パースCity内を遊ぶにはあまり使わないけど、ここからフリーマントルに行くときに利用しました。
パース駅の近くには郵便局やMyerというデパート、インターネットカフェなどが ありました。
駅の構内には日本語OKの病院や歯医者さんも。
建物メインで写真を撮りたかったんだけど、雲のほうがきれいに 撮れたという一枚。

 

パース  Perth

パース名物 時計台

パースといったらこれでしょう。
Hay St.にある街のシンボル的な建物の時計台です。
正しい名称はなんと言うのかわからないけれど、 ロンドンのBigBenを模したものだそうな。
この周辺はロンドンの街並みを意識して作られている建物が多く、 Hay St.はパースの街の中心地で、活気のある通りです。

 

パース  Perth

ロンドン・コート  London Court

Hay St.St.Georges Tceの間にあるアーケードです。
この建物がかわいいんです!!!
アーケードのまわりのみで、ほんの一角なんだけど、その小ささがよけいにこじんまりとしてかわいく思えます。
この建物の中の作りも素敵で、壁面にいろいろ細工がしてあり、それを眺めるのだけでも楽しい。
1937年にイギリスのチュダー様式を模して造られたアーケード。
写真の時計の下はアーケードの入り口になっています。
アーケードの中にはアンティークのお店などが並んでいます。

 

パース  Perth

ロンドン・コートのアーケード内

アーケード内はロンドン一色!イギリス国旗が並んでうます。
まさかパースに来て、ロンドン一色の場所に出会うとは!
ここまで凝った作りはこのアーケード内だけなんだけど、一見の価値あり。
このアーケード内にはパン屋やのり巻きを売ってるお店があって、 お昼や朝食用の買出しによく来ました。

 

パース  Perth

ロンドン・コートのアーケード内

上の写真とは視点を変えて撮影。
この通りは他のアーケードと違って、わりとゆったり人が歩いています。
ちょっと売ってるものはお高めかな。

 

パース  Perth

CAT

これがCATバス
写真ではわかりにくいけど、たぶん
BLUE
CATの停留所は大きな通り沿いにあるのですぐわかります。
最初は使うのをためらっていたんだけど、 (ほんとに無料なのかわからなかったし・・・。) 一度乗ったらもう、やめられなくなりました。
CATの
BLUEREDを乗りこなせたら、パースはほぼ攻略できたようなもの!?

バリアフリーでステップがないバスで、車椅子の乗客がいるときは、バスと乗り場を金属の板で渡します。
当時、日本ではあまりバリアフリーのバスはみかけなかったので、オーストラリアは進んでるなぁと思ったっけ。

 

パース駅から少し離れた通り。ここはセント・ジョージズテラス (St. Georges Tce.)というビジネス街。
有名な企業が入ったオフィスビルが並びます。
セントジョージテラスの東側に行くとハイアット・リージェンシーシェラトンなどの高級ホテルが。
繁華街からは遠いんだけどね~。高級ホテルはこの一角に多い。
私もこの一角のホテルに泊まりました(中級クラスだけど。)。
CATの路線から少し離れてるんで、ちょっと不便だったかな。
夜は人通りが少なくなっちゃうんで、一人歩きは怖いかもです。

この日はとーってもお天気だったんだけど、こんなにきれいに晴れていても次の日はお天気雨だったりして、天候はかなり不安定でした。
でも、お天気の日のパースの街並みはほんとうにきれい。
お天気のパースを楽しんでもらいたいなぁ。

セントジョージテラスを東に向かうと、右手にホテル、左には安めのアコモデーションが見えてきます。
食堂も併設していたりと、出張ビジネス客には便利かも。
ただ、そういった併設の食堂でも閉まっちゃう時間が早いのが難点。
アジア系のレストランもありました。 夕飯のタイミングが合わなくて行けなかったのが残念。

t_line2