Rota

ソンソン村のビーチを撮影

icon_airplane_miniRotaってどんなところ?

ロタはサイパンとグアムの間にある島。日本の伊豆大島とほぼ同じ大きさの島です。
日本からの直行便がないので、サイパンかグアムからの乗り継ぎになります。
今回はサイパン経由でロタへ。サイパンからは小型の飛行機で30分の近さです。
位置関係はこんな感じです。
サイパン島、テニアン島、ロタ島、グアム島は近い地域にあって、こんな感じ。

 

サイパンからロタまで小型飛行機で直行30分サイパン島  ←→   テニアン島      ロタ島  ←→  グアム島 
(セスナ機で10分)            (小型飛行機で30分)

※テニアン-ロタ間は就航していません。

第二次世界大戦のときにB29が飛び立ったサイパン島。
原爆を積んだB29が飛び立ったテニアン島。
サイパン島、グアム島、ともに日本から旅客機で4時間くらい。
当時の戦闘機でもかかる時間は同じくらいだったのかなぁ。意外な近さに驚きです。
サイパンとロタは第一次世界大戦後は日本の統治領だったのだけど、第二次世界大戦後はアメリカの統治領、そして今は北マリアナ連邦のひとつとして自治政府を樹立しています。
サイパンやグアムと比べ、ロタの戦争色が薄いのは、ロタは戦時中は食料基地として扱われたためだそうな。
サイパン同様、日本よりも1時間早いだけの時差なので、サイパン経由でロタに到着しても時差は感じないので時差ボケの心配ナシ。

公用語は英語とチャモロ語
でも日系リゾートホテルにはたいてい日本人スタッフがいるので、言葉にはほとんど不自由しません。

icon_airplane_miniとんでもない季節に来てしまった・・・。

「7月から11月は雨季にあたるが、スコールの回数が少し増える程度」と、ガイドブックにあったのですが、悲しいことに、2004年は台風の当たり年。東南アジアをウロウロしていた台風の影響で、ロタ2泊、サイパン2泊の4泊5日のうち、晴れたのはたった一日! とほほ・・・。
9月に行く場合は、スコールにぶち当たることプラス、台風にぶちあたることも考え、本など暇つぶし道具を持っていったほうがよいです。
サイパンやロタはNHK放送が入るので毎日天気予報をチェックしていたのですが、残暑の厳しい東京のほうがむしろ暑かったです。
しかも、初日はサイパン到着が遅れ、とんでもないことに・・・・。↓下記参照。

icon_airplane_miniNWの到着遅れで乗り継ぎ便に間に合わず、サイパンで足止め・・・。

今回の日程はサイパンINでロタ島2泊サイパン2泊の合わせて4泊5日の旅。
利用する航空会社はノースウェスト航空でした。
(現在はデルタ航空と経営統合し、「デルタ航空」になっています。)

————————
2004/9/19(日)
10:35(成田発)   15:00(サイパン着)
16:15(サイパン発) 16:45(ロタ着)
2004/9/21(火)
13:30(ロタ発)    14:40(サイパン着)
2004/9/23(木)
17:00(サイパン発) 19:30(成田着)
————————

出発日当日。先に成田空港に着いていた友人から泣きのメールが入る。
「飛行機、4時間遅れるって。」
へ!? となると、ロタへの乗り継ぎは!?

空港でチェックインをし、NWのカウンターの係員に聞いてみると、「もしかしたらサイパンで乗り継ぎができないかもしれないです。そのときはノースウェスト航空が宿泊先はご用意します。」とのこと。
でもでもでもでもでも!ロタ行きはノース系の航空会社だし、別便が出たりとかするのかしら?

まぁ、ノースが宿泊先を用意してくれるっていうし、お詫びってことはそれなりのランクのホテルを用意するだろうから、それはそれでどうにかなるで~しょ。
と、むしろこういった経験がなかったのでハプニングを楽しむ感じ?
がっつり遺跡めぐりや観光、ショッピングをするなど、行きたいところが決まっていたわけではないし。
宿泊先は用意してくれる。英語も通じるだろうしなんとかなるでしょ~と気楽なワタシ。
英語が通じないところではこんなにゆったり構えてられないけど(笑)。

で、結局どうなったかというと。
サイパン到着は18時30分。
空港にはNW航空の日本人の現地係員がお出迎え。
みんなで仲良くサイパンのホテルに連れて行かれました・・・。

待っていてくれたり、別便を出してくれるほど、甘くはなかった。

ノースウェスト航空よりお詫びということで3つの特典がついたバウチャーをもらいました。
これがまた、微妙~なんだわ。

【1】ノースウェスト航空費用負担のテレフォンカード(のPIN番号が印刷されたもの)
アクセス番号へTelし、PIN番号を入力すると、サイパン、グアム⇔日本の通話が可能。
 →サイパンの空港から日本へ電話をするときに使おうとしましたが、使えませんでした。
電話機が壊れていたのか!?

【2】5つのサービスから選べるアメニティカード
1)NW航空ワールドパークス(NWのマイレージプログラム) 20,000マイル
2)KLMオランダ航空フライングダッチマン(KLM航空のマイレージプログラム) 20,000マイル
3)NWもしくはKLMのマイレージ新規登録 20,000マイル
4)空港内の特定売店での食事と飲み物(上限$10まで)
5)機内での飲み物(スピリッツ、プレミアムビール、ワイン)1杯サービス

【3】旅行割引証(クーポン)
1名のみ、NW、KLM、コンチネンタル航空便に限り、往復運賃の公示運賃から割引。(期限付き)

う~ん。マイレージだけでも登録しておくかな。
でも、アメリカ系航空会社、使わんからなぁ~。
ちなみにこのバウチャー、成田空港でも到着したサイパン空港でも同じものをもらいましたが、結局使いませんでした。
正直、微妙~な内容でした・・・。

icon_airplane_miniRotaの小ネタ、あれこれ

ロタ&サイパンにまつわるあれこれです。

■テロの影響で出国&入国手続きには時間がかかっていました。
2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロの影響で、所持品検査がとにかく厳しかった!
髪留めのバレッタのおかげでジーンズのベルトもはずされ、サンダル脱がされ、足の裏までスキャンされました。
どこに行くにもやたらとチェックされた・・・。

そういえば以前、同時多発テロ直後にバリ島に行ったときは、ジーンズのポケットの中のガムのアルミの包み紙が検査にひっかかってピーピー鳴ったことも。
テロなど世界的な影響がありそうな事件や事故が起こった場合、数年はひっかかりそうな時計、指輪、髪留め、ベルト類は最初から外してバックの中に入れて、所持品検査に通したほうがよいです。

■Rotaの水事情
Rotaとサイパンは地下水道施設と処理施設が発達していて、水はそのままでも飲めるそうです。
ただし、Rotaに関して言えば、2004年は8月22~23日に直撃した台風の影響で施設も打撃を受けたため、水道水は飲まないほうがよいかも・・・と、ホテルのスタッフの方に教えてもらいました。
ワタシは氷であたってひどいめにあった経験があるので、水はいつもミネラルウォーター。
ロタ島のソンソン村の商店でチョコクッキーのお菓子と一緒に買って$1.00ドル。 サイパンのホテル内のショップとはえらい違いの値段です。安い!
氷が入ったドリンクは、氷が溶けきる前に飲みきってたけど、とりあえず大丈夫だったようです。

■敵はナメクジだった・・・。
ヤモリイモリが多いよ~」と聞いていたのですが、敵はナメクジだった・・・。
宿泊した「ロタホテル」はマンションのような造りで、部屋までの通路が外と直結になっていました。雨の日には元気を取り戻したナメクジさんが大発生!
最初、落ち葉かと思ったんですよ。あまりの大きさに。
前を歩く友人がギャーギャー言ってて、よくみたら、ぎょえぇぇ~!大量の巨大ナメクジ!
あまりに大騒ぎしてたので、ホテルのスタッフの方が翌日はよけておいてくれたんだけど、それでも自然現象には勝てず・・・。やっぱりナメクジさん、出てきてしまいました。

ちなみに宿泊した「ロタホテル」は2004年時点では部屋までには数段、階段があり、バリアフリーではありませんでした。庭からお部屋までは一応、舗装されていましたが、スーツケースがそのまま転がせないほどデコボコしてました。お気をつけを。

t_line2