London

タワー・ブリッジ   Tower Bridge

icon_airplane_miniイギリス・イタリア・フランスへの旅

大学の卒業旅行で1週間、初ヨーロッパへ行きました。イギリス、イタリア、フランス。
卒業旅行でこの3カ国周遊はポピュラーなコース。
とにかくイギリス・フランスに行きたくて、2箇所が周れる最安値のプランを探しました。
が、イギリス・フランスのみのツアーは意外と少なく、あったとしても9日~14日プランと、かなり長め。
「まぁ、イタリアもとりあえずいっとく?」と軽い気持ちで申し込みました。
(これが良くも悪くも印象深い旅となる・・・。)

icon_airplane_miniBritish Airways

今回使用した航空会社はBritish Airways
イギリス in → イタリア → フランス → イギリス outです。
この航空会社、使ってみたかったんです。
イギリスといえばヴァージン・アトランティック航空が有名だけど、ブリティッシュ・エアウェイズも アメニティグッズなどサービスがなかなか良く、機内食もそこそこおいしいと聞いていたので、楽しみにしていました。
日本発着では機内には小さいサイズのカップラーメンを搭載していました!
(日本出発便には「あんパン」も積んでるといううわさが・・・・。)

乗客が寝静まった頃、どこからともかくよい匂いが・・・。
つられてキャビンのほうへ行くと、日本人の女の子達がカップラーメンを食べているではありませんか!
機内食を完食したにも関わらず、おいしくいただきました♪

icon_airplane_miniロンドン市内の交通

TUBEと呼ばれる地下鉄の使い勝手がとてもよく、ほとんどTUBEで移動。
切符の買い方も日本と同じで、行き先を調べてその金額を機械に投入するので簡単。
ロンドン名物のダブル・デッカーと呼ばれる2階建てのバスは乗る機会がなかったのでちょっと残念。
ロンドンは1泊2日しか滞在できなかったので、目的地に確実に早く行ける地下鉄をよく使いました。
時間の余裕があったなら、ダブル・デッカー、乗りたかったなぁ。

icon_airplane_mini困ったときの三越デパート&マクドナルド

ピカデリー・サーカスの近くにある三越デパートはよく利用しました。
街中を散策してトイレに行きたくなったときとか、お土産を買うのに便利。
さすが日系デパート。
日本人好みのお土産があったり、日本人にとってはホッとできるスポットです。
お土産はいかにも日本人が好みそうで、「イギリス土産」と見てわかるような紅茶など取り扱っているので重宝します。

ロンドン市内のマクドナルドではサービスで、市内マップが置いてありました。
旅行会社からもらった地図を無くしてしまった場合、マックへGo!
自分用のお土産にもいいですよ~。

icon_airplane_miniその他に訪れた場所

写真は撮っていなかったけど、その他に行った場所です。

・ピカデリー・サーカス
派手なネオンで有名な場所。天使像の前では多くの若者がたむろってます。
日本とそんなに変わらないなぁ・・・。

・大英博物館
私が行ったときはエジプト関係の展示は改装中。
一番の楽しみだったのでとっても残念。
でも、エジプトの古代文字の謎を解き明かしたロゼッタ・ストーンは見ることができました!
一日ではとても見回りきれない広さ。事前に見たいものを決めていくこと!
また、展示物は世界各国に「出張」していることもあるため、事前にホームページなどで情報収集してから行くことをおすすめします。

・ハロッズ
世界中のお金持ちが集まる超高級デパート。
このデパート名が入ったグッズはそれだけで充分にお土産になります。
紅茶とかクッキーとか、何をお土産にしたらよいのかわからない場合は、まずここで。
クマのグッズがかわいい!

icon_airplane_mini次は絶対に行ってみたい。こんなところ。

・シャーロックホームズ博物館
ロンドンに行ったのに、なぜここを訪れなかったのか!と悔やまれる場所。
でも、ホームズに興味がある友人と一緒じゃないと行きにくいなぁ。
一人旅で絶対行ってやる!
あまりに心残りだったので、絵葉書だけ買って帰りました。

・マダム・タッソー蝋人形館
もとはフランスのルイ16世のお抱えだったタッソー夫人。
フランス革命後、ロンドンに亡命して開いたのがここ。
マイケル・ジャクソンや有名人の蝋人形で知られているけれど、ルイ16世時代の人なら、その頃の著名人の蝋人形もあるはず!? ぜひ行ってみたい。

※1999年の情報です。治安や水道などライフラインは当時から比べると
良くなっていると思われますが、特に治安についてはご注意ください。

t_line2