Ho Chi Minh

お土産屋さんで

ドン・コイ通り周辺のお土産屋さん。
この店で友人は刺繍のランチョンマットとコースターのセットを買いました。
(「4つ買うからまけてくれ~」の戦法でね。)

ドン・コイ通りなど、大きな通りのお土産屋さんなら、簡単な日本語がわかる店員さんが多いです。
少し離れてしまうと英語も通じず、身振り手振りの会話。 でも、それもまた楽しいんですよね~。
ベトナムはベトナムコーヒーがとてもおいしくて、粉のコーヒーを、アルミのコーヒーカップのような容器で濾過して飲むのだけど、そのアルミの容器は2、3USドルで売ってます。
コーヒーと一緒にお土産にするのもおすすめですよ。

バリ島のショッピングの楽しみがバティックなどの布地やワンピースとすれば、ドン・コイ通りは「刺繍やビーズ刺繍」といったところかな。手先が器用でないとできないお土産がいっぱいでした!

 

Ho CHi MInh

市民劇場  Nha Hat T.P.

サイゴン川から、ドンコイ通りをまっすぐ歩いていくと見える建物。
当初はオペラハウスとして建造されたようです。 この建物の周辺はヨーロッパ調で、ベトナムのまた異なる一面を 発見した気分になります。
戦時中に爆撃を受けたそうで、修復後は国会議事堂として使用されていたこともあるそうな。

1975年に演劇からコンサートまで使用できる 多目的なホールとして使用されることに。
ホーチーミンと言えば、この建物を思い出します。
この通り沿いはとても人通りが激しく、スクーターに乗った人々が 頻繁に行き交います。
人通りが無い瞬間を狙って、写真を撮るのが けっこう大変なのでした。

 

Ho CHi MInh

ドン・コイ通り周辺

ブティックの並ぶ通りでの一枚。ほんとにヨーロッパのようです。
低層階の建物が並ぶ様子は、表参道の同潤会アパートのようです。

 

Ho CHi MInh

ルネッサンス・リバーサイドホテル・サイゴン
Renaissance Riverside Hotel Saigon

今回宿泊したホテルです。サイゴン川沿いにあります。
概観はいたって普通のホテルなんですけど、中はとても快適。
人気のリバーサイドビューではなかったけれど、夜景は見ものです。
窓から外のメー・リン広場を通るスクーターのライトはとても素敵な眺めでした。

 

Ho CHi MInh

ホテルからの夜景

ホテルの部屋から撮影したメーリン広場の夜景
ベトナムの若い人達にとっては、スクーターに二人乗りして市内を周ることが デートだそうです。
確かに、陽が落ちるとデート中のスクーターの数が増えてきました。
あるいは、仲間で集まってのツーリングが人気。
とにかくどこを見てもスクーターばかり。
うわ~。こんな中を車で運転なんてできそうにないわ・・・。
(ベトナムは、旅行者は運転することができないそうですが。)

ちなみにこのあたりのシクロはしつこいことで有名だそうです。 お気をつけを。
私は滞在中、シクロに乗りませんでした。 トラブルとかあったら困るし。
もし、シクロに挑戦したいようであれば、ホテルによっては専属契約しているドライバーさんがいるそうなので、ホテルで聞いてみてください。

 

Ho CHi MInh

ホテルでの昼食

タン・ロンというフルーツに挑戦!
日本での名称は「ドラゴン・フルーツ」? 赤い皮に覆われた木の実。皮をむいたみかけはタロイモなんだけど、キウイに似た味がします。 そして白くって種がいっぱい。でも種も食べられます。友達はとーってもお気に入りでした。 この写真には写ってないけど、本場のフォーにも初挑戦。 フォーとはお米で作った麺で、つるつるした歯ざわりです。 スープは薄味なので、いろいろと調味料を加えて食べます。 私はそのまま食べるほうが好きかも。でも違った味も試してみたかったので、あとから味噌みたいな調味料を入れて食べました。

続きはニャチャン編で。

t_line2