修復中で通過できなかった正面の塔門の裏側へ。
写真は正面入口を裏からみたところ。
近づいてみると、多くの石が積み上げられているというのがよくわかります。

石を積みあげた建物は崩れそうで崩れないギリギリのバランスを保っています。

崩れかかっている参道を歩いて行くと

Preah Khan

入口を見上げるとものすごく細かい彫りのレリーフが!
ひたすら感動。

Preah Khan

中央の回廊から左右に部屋が広がっている。
頭がとれてしまった石像が。破壊されてしまったんだろうな。

Preah Khan

こちらもまた素敵なレリーフが。
中央に人間?神様がいて、周りに動物がいる。
どれもこれも生き生きしているんだな。

どこを見ても彫刻だらけ。
神様だったり女神さまだったり。

 

ふと、壁を見るとレリーフが削られた跡が。でも、きちんと残っているところも。
他に影響がないように削り取るってけっこう労力がいると思うのです。
完全にすべてはぎとらずに少しでも残っているのは、本来の姿がわかるので不幸中の幸いといったところでしょうか。

Preah Khan

柱にはデヴァターが刻まれていたり。

もう、どこを見まわしても彫刻だらけ!美術好きな人にはたまらないと思う!

そして、プリア・カンのレリーフで一番気にいったもの。

 

icon_camera ここが写真ポイント!
頭上にデヴァターのアプサラ・ダンスのレリーフが!これがすごい!

Preah Khan

アプサラ・ダンスのレリーフ

アプサラ・ダンスはカンボジアに古くから伝わる宮廷舞踊の一つで、きれいに着飾った女性が踊る様子はよくレリーフに刻まれている。
ここのレリーフはしっかりと形が残っていてとにかく美しいのだ。

Preah Khan

アプサラ・ダンスのレリーフ

活き活きと踊っている様子が伝わるでしょ。女性達の体のラインがきれいなのです。

 

そしてプリア・カンのもうひとつの見どころ。

Preah Khan

「聖なる剣」あるいは経典を納めた建物?

 

 

Preah Khan

 


ニャック・ポアン編に続く

t_line2

ぽちっとひと押し。応援お願いします♪

旅行・観光ガイド たびすまいる ブログランキング・にほんブログ村へ