萩の旅

山陽の城めぐりの旅 始まりは萩城から

2014年5月15日~18日にかけて山口県、広島県、岡山県の城めぐりをしてきました。
どこも初めて行くところばかり。
特に山口県は2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台となることもあって先取りしたかった!
松下村塾や幕末の維新志士が過ごした場所を見てからドラマを見ればその町の距離感もわかるし、生活や時代背景もわかり、2倍楽しめます!

とはいえ、萩は旅行者にとっては交通アクセスがあまりよくなく、訪れにくい。
それでも限られた時間の中でたくさん観光スポットをまわってきました♪

icon_airplane_miniどうやって行く? 萩へのアクセス

まずは山口県へ。
羽田から山口宇部空港まで飛行機で1時間50分。
山口宇部空港から新山口駅までバスでだいたい40分くらい。
そこからまたバスに乗って萩へ向かいます。

新山口駅前のバス乗り場から東萩駅前バス停まではだいたい1時間30分。
1時間30分か・・・遠いな。と思っていたのだけれど、周りの風景を眺めながらのバス旅はあっという間に着いちゃいました。
以外と近かった!

ちなみに新幹線だと東京から新山口までは約4時間30分。飛行機移動のほうが楽だな

icon_airplane_mini萩のまわり方

新山口駅から萩行きのバスは路線バスなので、途中下車は自由にできるんだけど、東萩駅まで行ったのは駅前でレンタサイクルを借りようと思っていたから。
萩は町全体がこじんまりとしていて、車よりもバスよりも自転車でまわるのが一番カンタン。
「萩城下町」周辺は観光客用の駐輪場やトイレも整備されています。
自転車を借りて出発!

icon_airplane_mini萩城のみどころ

城好きには欠かせない場所が日本100名城にも制定されている萩城
明治維新で城が破壊されたために天守をはじめとした建物は存在しないけれど、天守台をはじめとした石垣が残っているのです。特に天守台の扇の勾配の反りは見事!
この天守台にはせり出した形で五重の望楼型天守が建っていたというけれど、せり出した天守は珍しいので、見てみたかったなぁ。

もうひとつの見どころが萩博物館の近くにある「北の総門」
萩城の外堀にある三の丸と城下町を分けていた高麗門が復元されています。
門だけでなく、門の脇の土塁や土橋、船着き場もあって、当時の様子が想像できます。
北の総門を経由して萩城を目指していくのがおすすめコースです。

icon_airplane_mini旅の参考リンク集

banner_hagi 萩の観光スポット情報はこちらでチェック!
見どころスポットの営業日や時間の情報、その他の町歩き情報が充実しています。
2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」にまつわるスポットの情報もたくさん!
こちらのサイトを参考にしながら旅行プランをたてました。
banner_yamaguchi 山口県には他にも岩国城という名城があります。
萩だけじゃない、山口県の観光スポットを紹介しています。
イベント情報も充実しています。

t_line2

ぽちっとひと押し。応援お願いします♪

旅行・観光ガイド たびすまいる ブログランキング・にほんブログ村へ