途中、タクシーの運転手さんにいろいろ案内してもらうが、話の例えが古すぎてよくわからなかった・・・。
伊豆の成り立ちの話から始まり、古事記の世の話まで時代が戻り、ますますわからん・・・。

歴史ヲタのワタシでも神代の時代の話はうとく、ほんと参った(笑)。
他の4人も半分意識が遠のいてる・・・。
失敗したかな。と思いつつも車はどんどん山奥へ。

そこで突然、視界が開けて富士山が見えはじめた!

富士山の山すそのラインがそのまま芦ノ湖に続いている、とても絵になる景色のところを通過しました。
十国峠は山の上の方なので、航空写真のように上から富士山の裾野が見えました!
山頂から下にたどっていくと大きな森があり、その先には住宅地が。
うーん、と唸りたくなるくらいすばらしい景色。
ゆっくり眺めたいところだったけど、車を止めるところがなくって、撮影のためには止まれず。
あー、あの景色は写真に撮っておきたかったなぁ~。

十国峠

十国峠からの富士山

写真は十国峠のレストハウスから撮影した富士山。
手前は駒ヶ岳だそうです。

十国峠

十国峠からの富士山

十国峠は、「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国が見渡せたことから名づけられた峠で、現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県を見ることができるというすごい場所なのです!
晴れた日には大島、新島など5島も見ることができるそうです。

十国峠

十国峠から見た富士山

12月とはいえ、暖かい日が続いていたため富士山頂の雪は溶けてしまったそうです。
(この日はコート無しでも十分暖かいくらい! さすがに十国峠は山の上なので寒かったけどね。)
雪山の富士山も見てみたかったな。

十国峠はケーブルカーで山頂まであがることができるのですが、温泉に行きたかったので、レストハウスでおそばを食べて帰ってきました♪

熱海

ハートピア熱海から見た海

十国峠から伊豆山方面に戻ってきました。
タクシーの運転手さんオススメの温泉ということで連れてきてもらったのが、伊豆山神社付近にある「ハートピア熱海」。
立ち寄り湯がある宿泊施設です。

お風呂は露天と室内の温泉があり、ジャグジーなどもありました。
はぁ。旅の最後の最後に温泉に入れてよかった。気持ちよかった♪

帰りのタクシーを待つ間にハートピアから撮影。
熱海城から撮影したのと同じ初島が見えます

熱海

ハートピア熱海から見た夕焼け

この写真も同じく「ハートピア」から撮影した一枚。
朝に伊豆山神社から撮影したキラキラと水面が光った海とは違い、日が暮れて少しずつ色が変わっていく様子は幻想的でした。

熱海

石舟庵

さて、お土産を買いに熱海の町に戻ってくる。

初日に熱海の商店街を抜けたところをずーっと散歩していたときに見つけた和菓子のお店。
和菓子といってもあずき餡だけでなく、その季節に取れる果物を使ったお菓子など、女性が好きそうな洋菓子のような和菓子がたくさん!

一個からバラ売りしてくれるので、店内で「ぐり茶」を飲みながら買ってすぐに食べるのも良いです。
「ぐり茶」は色も味も濃いお茶なんだけど、渋みがなく、おいしかった~。

ほんとは「みかんの花の蜂蜜カステラ」がほしかったんだけど、長崎旅行したときの抹茶カステラがまだ残っていたので断念。
あぁ~食べてみたかった!
ここはお土産にオススメ。
パッケージも小さな「背負いかご」を模したものがあったりと、おしゃれなんだな。

1泊2日の熱海の旅もこれで終わり。
熱海は「昭和の温泉街」というイメージしかなかったけど、ちょっと足を伸ばすと自然が多くて、東京では見られない景色を楽しむことができました。
「十国峠」はもう一度行きたいな。
次回は各ホテルや旅館の立ち寄り温泉三昧の旅をしたい!
t_line2