翌日は朝から美ら海水族館へ。
国道58号をぐーっと北上。

美ら海水族館

Route58からの海

珊瑚礁の浅瀬と遠浅で海の色が変わります。
天気がいいときは見とれてしまうほどの光景。
58号沿いには車を止めて海を眺められる場所が何ヶ所かあって、これはそこから撮影した一枚。

 

美ら海水族館へ

Route58

同じく国道58号からの風景。
運転中の車の中から撮影した一枚。
青空に白い雲、南国の背の高い木。まさにイメージ通りの沖縄だ!

 

美ら海水族館

美ら海水族館の入口に巨大ジンベエザメが!

国立海洋博物公園内にある「ちゅら海水族館」へ。
国内最大規模の水族館。ジンベエザメが3頭もいます。
ジンベエザメ、大きいのよ~。
入口の前のくじらみたいな像がジンベエザメです。

 

美ら海水族館

美ら海水族館へGo!

正面に見えるのが水族館の建物。右側にはレストランがありました。
水族館があるのは左側の建物です。

 

美ら海水族館

美ら海水族館から海を眺める

ちゅら海水族館の建物をバックに、海を撮影。
イルカやアシカショーをやっているプールがたくさん。
とても見たかったのだけど、あまりの暑さに熱射病寸前。
この右側のほうにいくと人工のエメラルドビーチがあります。
「透明度がとても高い」とガイドブックに書いてありました。
確かにきれいだったんだけど、おもちゃのように小さな人口ビーチで、ちょっと違うかな?と。
水族館に行った帰りの家族連れにはよいかもです。

 

美ら海水族館

カサゴ・・・?

館内に入ってすぐのところにヒトデなどに触ることが出来るコーナーがあり、子ども連れに大人気でした。
ほんとにいろんな生物がいるもんだ。しかもでかかった!
写真はカサゴ。・・・たぶん。

 

美ら海水族館

サメを激写!

水族館の水槽。とてつもなくでかいのです。
まわりで見ている大人達の姿と比較してみて!
ちゅら海水族館の良いところは、水族館をまわりながらゆったりできるスペースがあること。
足が疲れてきたら休むことが出来るベンチがあちこちにあります。
ゆっくり休みながら、半日くらいはここで過ごしたいですね。

 

美ら海水族館

マンタを激写!

マンタです。「オニイトマキエイ」と呼ぶんだったっけ?
ゆったりと泳ぐ姿はまるで空を飛んでいるみたい。
一度、一緒に泳いでみたいです。(カナヅチなんだけど・・・。)

この写真にはないのだけど、沖縄言葉で「イラブチャー」と呼ばれる
「アオブダイ」という魚はとても「ぶさいく」で「ブサかわいい」。
いや、ちょっとコワモテかな?
変わった魚や生物がたくさんいて楽しかった~。

 

美ら海水族館

ジンベエザメを激写!

ちゅら海水族館にはジンベエザメが3匹もいます。
悠々と泳ぐ姿に、他のお客さんもジンベエザメが目の前を通り過ぎると「ほぉ~。」とため息。
一匹通り過ぎるとまた別の一匹が現れて飽きさせません。
そのときは2匹だと思ってたんだけど、3匹いたそうな。

 

美ら海水族館

サメの館

ここにはいろんなサメが集められています。
ちょっと暗めの照明で、おどろおどろしい。
この水槽がある近くのサメの資料館には、「リアルサメ肌」の標本がありました。
実際に触ることもできます。

 

美ら海水族館

奇妙な生物大集合

変わった海の生物たちがひとつの水槽に集められてました。
右側の太いヘビっぽいのはウツボです。
ちょっと気持ち悪いけど、なんか撮影してしまいました。

水族館の展示を楽しんだあとは、お土産♪お土産♪
美ら海水族館はお土産コーナーが充実しているので、買い物も楽しめますよ!

●沖縄美ら海水族館
 住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424

 

名護編に続く

t_line2