icon_airplane_mini大分に到着。別府へ

東京からJALで1時間30分。大分空港に到着~。
大分空港から湯布院に向かう間に別府を通るので、ちょうどよい時間帯だったので別府で昼ごはんを食べることに。
大分空港から約1時間のドライブで別府につきました。

別府

信濃屋

別府にある「信濃屋」さん。
場所がちょっとわかりにくくて、「今までこんなに迷ったこと無い!」というくらい迷いました・・・。
カーナビがちょっと古かったようで、目印になるお店が無くなっていて、おまけにこちらのお店はちょっと通り沿いのちょっと引っ込んだところにあり、探すのが大変でした。
電話でお店の人に場所を聞いたら丁寧に教えていただきました。

 

別府

信濃屋の雑炊

友達が「どうしてもだんご汁が食べたい!」と。
夕飯が食べられなくなると思い、ワタシは雑炊を頼みました。
おいしかったんだけど、レモンか柚子かな?
雑炊には珍しく酸味のものが入っていて、ちょっと酸味がきつかったです。
これは無くてもよいかな。

友達からおすそわけしてもらった団子汁はおいしかったです♪
団子汁は大分に滞在中、絶対食べようっと!

●茶房信濃屋
住所:大分県別府市西野口町6-32
・だんご汁 700円  だんご汁定食 850円

icon_airplane_mini湯布院に着きました

湯布院

由布岳

その後、まっすぐ湯布院のホテルへ。
翌朝、宿泊した「ゆふいん山水館icon」の窓から撮影。

まだ朝日が昇りきる前に撮影した一枚。

 

湯布院

「山のホテル 夢想園」の温泉へ

山のホテル 夢想園 は憧れのホテル。

以前に来た時は、連れてきてくれた友達が温泉に入ると湯あたりするということで、温泉には入らず、喫茶室にあるプリンを食べて帰りました。
このプリンがまた、ボリュームがあっておいしいのだ!

今回はお風呂に入るのが目的。
大分に到着した初日は大雨に降られたものの、この日は晴天。
宿泊はできないので(特別な時にしか泊まれないようなお値段なのです)、温泉だけ入りに立ち寄りました。

受付の10時より前に到着。入浴券を買って温泉へ。
10時からは立ち寄り客への開放タイム。
女湯は「空海の湯」です。

写真を撮ることができなかったのが残念!
広い温泉はあ三原市がよくって正面に見る由布岳の眺めは最高

お湯はちょっとぬるっとしていて、お風呂あがりにはお肌がすべすべになります!
天気にも恵まれ、とても幸せなひとときを過ごしました。

お風呂上りには喫茶室でプリンをどうぞ。
1日40個限定なので、お早めにね。

icon_cameraここが写真ポイント!

湯布院

夢想園の駐車場にて撮影

夢想園の魅力はお風呂やプリンだけでなく、駐車場からの景色がこれまた素晴らしい!
湯布院駅からタクシーで来たとしても、ちょっと歩いて駐車場に出てみて!
夢想園は高台にあるのだけれど、由布岳や湯布院の街並みを見下ろすことができて、駐車場はちょっとした展望台のようです。

 

湯布院

夢想園の駐車場にて撮影

こちらも夢想園の駐車場から撮影した一枚。
夢想園の露天風呂からは、この風景がお風呂に入りながら眺めることができるのだ!

 

湯布院

湯布院駅

夢想園で露天風呂とプリンを堪能した後は、湯布院の町に下りてきました。
車で20分ぐらいでしょうか。
モダンで、でも素朴な由布院駅から散策スタート。
散策というより、食べ歩き!?

由布院駅からまっすぐに伸びる由布見通り由布岳が正面に見えます。

由布院駅の近くに河原精肉店という地鶏や豊後牛を扱うお肉屋さんがあります。
揚げ物コーナーで地鶏コロッケや鳥唐揚げを売っている様子がテレビの旅番組でやっていて、鳥唐揚げがすごくおいしそうだったので行ってみました。
地鶏鳥唐揚げ100g(210円)をお買い上げ~。
醤油味の濃い目の味付けで、かといって濃すぎるわけでもなく、地鶏の味わいがふわ~っと広がります。
1人で100g、全部食べてしまった。とってもおいしかった♪

由布見通りをずんずん進み、「B-speak」というロールケーキ専門店を右に、湯の坪街道に入ります。
「B-speak」「P-ロール」というロールケーキが有名で、来るたびにいつも行列を作ってます。
いつ来てもすごい行列なのだ。

湯の坪街道に入ってしばらく歩くと、見えてくる「どんぐりの森」というお店。
トトロのグッズがかわいかったので思わず一枚、撮ってしまいました。
湯の坪街道沿いにはこのようなお土産屋さんが並んでいます。
そして休日は近郊からのドライブ客で大賑わい。
正面に見える由布岳に見惚れていると、車にぶつかりそうになるので要注意!

t_line2