アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドにて双子パンダを撮影

 icon_airplane_mini南紀白浜 行ったところリスト

南紀白浜には初上陸。
お目当てはアドベンチャーワールド2008年9月に生まれた双子の赤ちゃんパンダを見ること
ちょうど定額給付金の支給タイミングでJALツアーズ「定額給付金ツアー」を出したので、それにのっかって行って来ました!
お値段のわりにはアドベンチャーワールドの入場券もついてて、しかも宿泊先は「プロが選ぶ人気温泉旅館・ホテル250選」という旅行業者の「プロ」が選んだ 温泉旅館ランキングで、 99年から4年連続で250選に認定された白良荘グランドホテル
かなりおトクに遊ぶことができました!

↓今回、行ったところです。

1日目 羽田 → 南紀白浜空港 → タクシーで白良荘グランドホテルへ → バスで「とれとれ市場」へ → タクシーで白良荘グランドホテルへ
2日目 タクシーでアドベンチャーワールドへ → アドベンチャーワールド →バスで南紀白浜空港へ

アドベンチャーワールドは南紀白浜空港からすぐ!
タクシーで1,000円かからない距離ではあるけれど、園内から空港行きのバスが出ているので、2日目はアドベンチャーワールドで遊んだあと、南紀白浜空港に直行して帰ってきました。
広いアドベンチャーワールドで1日遊んだ後に飛行機で帰ってくるのは、正直、疲れるけど、ホテルや商店街がある白浜まで戻るとまた交通費がかかっちゃうので、1泊2日ならこの日程がおススメです。
レンタカーで行くならもっとスムーズにまわれるかも。

icon_airplane_miniアドベンチャーワールドのまわりかた

大事なことは「どのアトラクションに参加するかを事前にリサーチする」ことです
「リサーチした者がアドベンチャーワールドを制す」です(笑)。

アドベンチャーワールドは、動物とふれあえるアトラクションがいっぱい!
どれも時間帯が決まっているので、事前に計画をたてて効率的にまわりましょう!

まずは、どんなアトラクションがあるかを事前にアドベンチャーワールドのホームページで確認。
これらのアトラクションに参加するためには、アドベンチャーワールドダッシュ(勝手に名付けた)です。

アトラクションは、当日、開門直後に受付開始します。
開門10分くらい前からエントランスドーム内の通路にアトラクション受付の旗とスタッフが並びます。
ここで目的のアトラクションがどこにあるかを確認。
開門と同時に目的の受付まで走る!走る!走る!

今回のお目当は「パンダバックヤードツアー」
なんと、ジャイアントパンダにおやつをあげることができるのです!
この模様は「天才!志村どうぶつ園」でも放送されたので知ってる人も多いのでは?

パンダツアーの受付はエントランスドームの通路左側にあり、想定して並んでいたので場所はバッチリ。
ゲートが7つくらいあって、ワタシ達の前には親子連れが3組。
敵は28組といった感じ(笑)。
パンダツアーは1日合計30名までしか体験できないという狭き門
50mの短距離なら負けるかもしれないけど、100~200mくらいあったので、短距離苦手なワタシでも「イケるかも・・・。」という根拠のない自信が。
荷物を友達に預け、代表として走りました!

結果は・・・。

直前で締め切られました
前に並んでいた親子が、並んでいるときからマナーがあまり良くなかったんだけど(苦笑)、受付でなんかゴタゴタやってて、巻き込まれ事故だぁ

「あれがなければ~!」と、みんなで早々にテンションが下がる・・・。

でもね、希望のアトラクションに参加ができなくても、それを補って余りあるほど、楽しいところです。
1日フルで遊べました!
希望のアトラクションに参加できなくても、さっさと頭を切り替えて、他の楽しいことを探しに行きましょう♪

そして気が付いたことをいくつか。

・ゲートの前のほうに並んで開門を待っていたのは、ほとんどみんな年間パスを持っていました。
それだけでも何度も来て楽しめるリピーターの多い場所なんだなというのがわかる。

必ずしもすべて「パンダバックヤードツアー」が目当てとではない
パンダショックが大きすぎて立ち直れず、参加できなかったけど、意外に他のアトラクションにバラけました。
なので、ちょっと後ろのほうで並んで待ったとしても、諦めべからず!

こんなアトラクションがあります。これはごく一部。1日ですべてまわるのは絶対無理!
詳しくはアドベンチャーワールドのホームページをご覧あれ。

パンダランド ・パンダバックヤードツアー
飼育員さんからパンダについてのレクチャーを受けた後に、パンダにおやつをあげることができるのです!
12:00~ 参加費ひとり¥2,000、約40分間
※エントランスドーム受付カウンターで予約。
30名(1組5名まで))・パンダ ウェイクアップタイム
パンダのご飯タイム! パンダってこんなに活発に動くの!?と驚くくらい元気なパンダ達に出会えます。
13:30その他、赤ちゃんパンダがいるときは「ミルク飲みタイム」が設けられることがあります。
ペンギン王国 ・ペンギンパレード
パレード後に記念撮影会もあります♪
14:30~ フラワー通り・ペンギンのお食事タイム
海獣館でダイバーによる水中での餌やりを見ることができます。
10:15~、15:30 
マリンワールド ・ドルフィン フレンドShip
カヌーやカヤックに乗ってイルカ達とふれあうことができます。
会場:マリンウェーブ
12:30~ 2,000円/一人 定員6名 ※3歳以上
※エントランスドーム受付カウンターで予約。開園30分後はサポートセンターで受付・ドルフィン ウォッチング
イルカの泳ぐ型を間近で見ることができます。
15:30~17:00 会場:イルカふれあいプール

※上記アトラクションは2010年9月時点の内容です

icon_airplane_mini双子パンダのかわいさにメロメロ~。

アドベンチャーワールドでは、毎年かわいい動物の赤ちゃんが生まれています。
2008年は永浜と梅浜という双子パンダが生まれました!
2009年は白クマの赤ちゃんが生まれました!
そして2010年8月11日。またまた双子の赤ちゃんパンダが生まれました!
兄と妹の双子パンダは南紀白浜の温暖な気候のなか、すくすくと育っています♪

毎年行ってもかわいい赤ちゃんに出会えて、そして赤ちゃんの時から見ることができるのが素晴らしい!
赤ちゃんパンダがいるときは、「ミルク飲みタイム」があり、ぬいぐるみのような赤ちゃんパンダが一生懸命ミルクを飲む姿に癒されます・・・

ちなみに、「パンダダッシュ」には敗れましたが、JALツアーズで行くと、「パンダバックヤードツアー」参加がもれなくついてくるプランがあるんです。

パンダに大接近!南紀わくわく体験ツアー [JALTOURS]

このツアーに参加すれば、走る必要はないですよ~!

icon_airplane_mini南紀白浜でgetしたお土産たち

かげろう 和歌山のお土産といったらこれ!「かげろう」
ふんわりとした生地で、ほんわかとした甘さ。
ホテルのお茶受けにあったのでいただいたんだけど、初めての味。 お土産として買って、まず失敗しない銘菓です。
ナギサビール 南紀白浜の地ビール「ナギサビール」
瓶ビールというのが風情あって良いねぇ~。
普通にコンビニで売っているので、手軽に買えるところも良し。お土産にも良いですよ~。
クッキー・シュー アドベンチャーワールドで売っていたキリン模様のシュークリーム「クッキー・シュー」
イルカショーを見ているときに、スタッフさんが売りに来ているのです。外はクッキー生地、中は生クリーム。

甘いものはあまり得意ではないのだけれど、これはおいしかったです♪
100%ミカンジュース これもアドベンチャーワールドにて。
「100%のミカンジュース」です。
みかんの風味が口の中にふわっと広がり、みかん好きにはたまらない!
さすがみかんの国。和歌山♪
アドベンチャーワールド限定 梅風味 柿の種 「アドベンチャーワールド限定 梅風味 柿の種」
これ、うまいですよ~!
パンダの絵柄がいかにも「アドベンチャーワールド土産」で、それでいて梅風味というちょっと変わったお味。
ビールのおともに。おつまみにぴったり♪
「アドベンチャーワールド」のパンダキティです ご当地キティシリーズ「アドベンチャーワールド」のパンダキティです!
ハンカチもかわいいけど、ボールペンもかわいい! ここだけでどんだけ散在してしまったか・・・。
パンダキティ、紀州梅キティ、紀州犬キティ ご当地キティがとっても充実。
左から「パンダキティ」「紀州梅キティ」「紀州犬キティ」。
紀州犬って白くてとっても大きいんだよね。
キティは猫だけど、犬なキティもかわいいです♪
熊野詣キティ こちらもご当地キティ。熊野詣のキティだったかな?
頭にかぶっている笠、着物の様子が平安時代のお姫様の旅装束みたいでかわいい♪

icon_airplane_miniパンダ旅。さくっと調べてみよう!

アドベンチャーワールドに行くなら、まず、これで検索!
一度、検索をしてみると旅行のプランが立てやすくなりますよ~。
特にJALパックのツアーは超人気アトラクションがセットになっている場合が多いのでおススメ!

t_line2